未経験プログラマー物語【第一章 転職活動編④】入社試験

「本日はお越しいただきありがとうございます。適正をみるために簡単なテストをお願いします。」

今日はある企業の一時面接。入社試験に適正試験があるようだ。指示通りテストを受ける。

問題は公務員試験のような内容。昔公務員になろうとしていた時期もあって少し勉強していたのが役立ったようだ。問題は四角形を開いた図からきちんと四角形になる図はどれか?とか推論とかそういうものだ。とりあえずそれなりの手ごたえがありテストは終わった。

「お疲れ様でした。ではこれから面接を始めます。」

面接が始まった。

解説


IT系の入社試験と言えばgoogleとかIBMとかトップ企業の難しい試験が話題になりますが、元が受けたのは普通の適正試験のようですね。

すでにプログラマーとしてのキャリアがある場合、技術力を見る試験もあるようですが未経験の場合は適正試験となり、元が思ったようにSPIの試験が多いようです。気になる方はSPIの例題があるのでよろしければどうぞ。

SPI例題

結果を言うと元はこの時受けた会社に入社することになります。後から聞いた話ではこの試験の結果が良かったようです。未経験入社の場合、入社できた人は適正試験の結果が良かったようなので、合格のためには重要な試験のようです。

企業側から考えれば、未経験入社をふるいにかけるには有効な手段なのかなと思います。

またもうひとつ重要な点としてきちんと受け答えができるかも大切です。どうしても始めは周りの人に聞いて仕事をすることになるので、それができないと厳しいのでしょう。


無事に面接が終わり、それなりの手ごたえがあった。面接官にも好印象だったようだ。

「結構いい感じだと思うけどどうだろう?これで落ちたらもうプログラマーは諦めようかな…。」

なかなか内定が出ない日々、たまに内定をもらっても条件が合わず断ることになってしまう。元も疲れが見えていました。これで最後にしよう。そんなことを思いながら岐路につくのでした。

 

つづく

スポンサーリンク

未経験プログラマー物語【第一章 転職活動編③】初めての内定?

いくつか面接を続けているうちになんとなく面接慣れしてきて好感触が増えてきた。その辺は販売士として長年続けているだけありお喋りは得意なようだ。ただし条件面で折り合わないことが増えてきた。その中で多いのが「凍京に行けるならね」というもの。今は「佐津幌もし凍京に行くとなると学校に通っている上の子供が転校することになってしまうし、下の子はまだ産まれたばかり。そうなると凍京へ行くのは難しい…。やはりIT系の中心は凍京らしい。

「やっぱり厳しいのかなぁ…。」

そう思っていた時に1社内定が出た。佐津幌にいるままで研修を1ヶ月してくれるらしい。ただ、その研修期間は無給しかも研修後は契約社員として働いてもらい、もしよさそうだったら正社員にしてくれるというもの。給料的にはそれなりだ。

「ということでどう思う?」

元は妻の嫁子に相談してみました。

「どうって言っても結構厳しくない…?まぁどうしてもというなら応援するけど。」

やはり嫁子もあまり乗り気ではありません。元としてはようやく巡ってきたチャンス。なんとか内定を受けたいという気持ちも強いようです。

解説


未経験中途でプログラマーに転職しようとすると研修がある会社が多いようです。研修といってもいきなり大きくふたつパターンがあり、現場で働きながら仕事を叩き込まれるパターン(俗にいうOJT)と、自社の中で座学をするパターンがあります。

今回のケースでは座学のパターンでしたが、無給とはなかなか厳しいですね…。共働きとはいえ家族を養わなければいけない立場だとかなり思い切った決断をしなければなりません。


「考えたけどやっぱこの会社は辞めておくよ。冷静になってみると家族いるのに無給っていうのはやっぱきついよね…。」

元は内定を辞退することにしました。自分のわがままで転職をするので家族にまで迷惑をかけるわけにはいきません。

「それがいいよ思うよ。研修中は無給っていうのもその会社どうかと思うし…。」

嫁子の助言も確かだ。先方に断りを入れ、また会社を探すことにしました。

 

つづく

スポンサーリンク

未経験プログラマー物語【第一章 転職活動編②】履歴書と職務経歴書を作る

さて、プログラマーになると決めたからには転職活動をしなければなりません。『履歴書』と『職務経歴書』を作ることにしました。

「とりあえずIT系の会社に提出するんだから手書きじゃなくてパソコンで作ったほうがいいよな?ネット上にテンプレートがありそうだな。」

元(はじめ)は早速テンプレートを探し、履歴書を作ります。

「履歴書はいいとして職務経歴書ってどうすればいいんだろう?とりあえずまたネットで調べてみるか。」

元は新卒の時に販売士になったきり転職をしたことがなかったので職務経歴書を書いたことがありませんでした。プログラマーへの道はまだ遠いようです。

解説


他業界からIT系への転職について解説します。まずIT系といっても色々な職種があります。プログラミングをして開発するプログラマー、設計書などを作成して指揮をとるシステムエンジニア、デザインを担当するデザイナー、インフラを担当するインフラエンジニアなど多岐に渡ります。IT系へ飛び込もうと思ったらまずはどういう仕事をしたいのか決めたほうがいいと思います。そうでなければ面接の時に困りますからね。とは言っても最近はあまり境目もなくなってきているので未経験の場合とりあえずどこかに入ってしいそこからキャリアを考えるというのも手だと思います(内心では)。元はプログラマーとして働くと決めているようです。

履歴書と職務経歴書はパソコンで作ったほうが無難でしょう。なぜなら未経験中途を採用しようとした時に手書きだとパソコンスキルがみえてこないからです。さらに一度作ってしまえば後は印刷して何枚も作れるので楽です。え?パソコンでなんて作れないって?そういう方はプログラマーに向いていないと思います…。


「よし、できた!」

色々ネットで調べた中で自分がよさそうに思うテンプレートを参考に職務経歴書を作成しました。自分の今までの経歴を表形式にして時系列にまとめたのでかなり見やすいと思います。

「最初は箇条書きにして書いたけど、やっぱ表とか使ったほうがすっきりして見やすいな。じゃあ早速めぼしをつけていた会社に送ろう。」

 

つづく

スポンサーリンク

未経験プログラマー物語【第一章 転職活動編①】IT系会社を探そう

販売士一筋7年。半灰元(はんばいはじめ)は27歳になる。プログラマーになることを決意しました。妻子がいる身で未経験からプログラマーになるようです。ということはまず就職する会社を探さねばなりません。

「転職サイトを見てみると意外と未経験可が多いんだな。経験者優遇とはあるけど未経験でもやる気があればOKとか書いてある。自分なんかでも大丈夫なのかな?お、ここの会社知ってる。結構大きいところじゃないか。でも採用年齢が25歳までか…。う~ん駄目元で27歳でも面接してくれないかメールしてみようかな?」

解説


ここからはお話ごとに解説をしていきたいと思います。

早速よさそうな会社を見つけたようですが、年齢制限に引っかかっているみたいですね。未経験採用ということは育てていくと企業が宣言しているようなものなので年齢は若いほうが長く働いてくれていいですよね。そういう条件があるのは仕方がないです。

当然ながら会社ごとに採用条件が違うので後で後悔しないようにしっかり確認しましょう。とは言っても元の年齢でこちらから会社を選ぶのは難しいと思いますが…。


後日

「あぁメールが返ってきたけどやっぱり年齢は25歳までだったか。そりゃ募集要項に書いているから仕方ないか。ちゃんと対応してくれただけよかったかな。」

気を取り直して違う会社を探すようです。

「この年齢だともう選ぶことは出来ないからとりあえず自分が応募できる条件の会社に片っ端から面接を申し込むか!お、さっそくこの会社に申し込もう。どれどれ?あ、履歴書と職務経歴書を作らないと駄目か。履歴書はまだしも新卒からずっと同じ会社にいたから職務経歴書って作ったことがないぞ…。まずはそこからだな。」

 

つづく

スポンサーリンク

未経験プログラマー物語 プロローグ

この物語はIT知識のない妻子もちアラサー男がプログラマーになって活躍(?)するお話である…。

登場人物


半灰 元(はんばい はじめ)

販売員の男性。妻と子がいるのにも関わらずプログラマになりたいと思い転職を決意する。最終学歴は音楽系専門学校卒。元バンドマン。学生の頃からブログを書いていたのでタイピングは速い。

 

半灰 妻子(はんばい つまこ)

半灰元の妻。夫とは同い年。職場で出会い結婚した。

 

プロローグ 不安の始まり


販売員生活も7年目に突入し、もう27歳。店長も経験し給料もそれなりだけどこれ以上貰うのはなかなか厳しそうだ。妻とは職場で出会い結婚。子供も産まれたけど、同じ会社で働いているので会社が倒産してしまったら…。考えるだけで不安だ。

そろそろ転職かな…。

ふと転職サイトを眺めていると保険、保険、建築。駄目だ全然興味が沸かない。そんな中保険と並び求人が多い業界があった。IT系だ。なになに、未経験者歓迎?土日祝休み?

「そういえばバンドを組んでいた時にホームページを作ったけどなかなか面白かったな。ホームページをいじっているとあっと言う間に時間が経ってびっくりしたっけ。長年ブログを書いていたのでタイピングも速いし、会社ではパソコン詳しいって言われるし案外プログラマーになるのもいいかも。」

さらに販売員時代はシフト勤務だったので土日祝が休みというのはありがたい。子供の行事に休めるか気にしなくてすむし、お盆とか年末年始も休みだ。しかも給料もいい。

気になって調べてみると『在宅ワーカー』『アプリで億万長者』など魅力的な言葉が多い。そういえば親も手に職をつけろってうるさかったっけ。今ならその意味もわかる。手に職をつければ定年後も働いてお金に困らないかもしれない。

プログラマーいいじゃないか!

調べれば調べるほど魅力的に感じてくる。そうと決まれば早速応募しよう。善は急げだ。

こうしてプログラマーになる決心をした元。妻にも承諾を貰い転職活動をはじめるのであった。

つづく

スポンサーリンク