ブログとプラグラミング用に中古のThinkPad X240を購入しました

普段自宅ではmac book pro(2010モデル)を使用しているのですがプログラミングの勉強用に持ち運びしやすいwindowsPCが欲しかったので購入しました。

結論からいうとThinkPad X240のwindows7proパソコンを25624円で購入しました。

内訳

・本体24300円

・ソフトドーム新品交換 324円

・送料1000円

本日届いたので開封します。

スポンサーリンク

求めるもの


購入にあたり求めるスペックは以下です。

■ThinkPadの12.5インチ

元々ThinkPadに漠然とした憧れがありまして、あの無骨なパソコンをスマートに使いこなしてみたいと昔から思っていました。王様達のヴァイキングというマンガの主人公の是枝君もThinkPad使ってますし。さらに12.5インチくらいが持ち運びに便利そうなのでX200シリーズに絞りました。

そこから調べてみて古すぎず高すぎないモデルということでX240が第一候補になりました。

■HDDは500GBくらいでメモリは4GB

まずやりたいこととしてLinuxの勉強がありました。仕事でwindows7にvirtualboxをいれてそこにcentOSをインストールして使っていたことがありまして、その時のパソコンのスペックが大体これくらいでした。その時と近いスペックならそんなにストレスなく動くだろうというのが理由です。

■3万円以内

上を見てしまうとThinkPad X1 carbonとか買いそうでキリがないので予算を決めました。中古なら妥当なラインだと思います。

中古ThinkPad専門店Be-Stockで購入


Be-Stock

ネットで中古のThinkPadを探しているとやけにこのお店が目に付きます。評判もいいお店のようで他の販売店より5000〜10000円くらい安い気がしました。

2月に入りX240でいい感じのモデルがあったのですぐに注文しました。

こんな感じのスペックで本体価格が24300円。セール対商品だったようです。

総合Bランクでどの程度の物がくるのか、期待と不安でドキドキします。

“ブログとプラグラミング用に中古のThinkPad X240を購入しました” の続きを読む

スポンサーリンク

ご挨拶

はじめまして


soonと申します。

私は専門学校を卒業後に販売士として働き、28歳でプログラマーに転職しました。IT系の学校に通っていたり専門教育を受けておらず、趣味で「魔法のiらんど」や「jimdo」を利用してホームページを作っていたくらいでした。

このブログはそんな経歴から経験した事やプログラミング等について書いていきたいと思っています。

ハンドルネームについて


soonというハンドルネームはmy bloody valentineというバンドの曲名から拝借しました。「loveless」というシューゲイザーの金字塔的アルバムの最後に収録されていて私はこの曲が大好きです。

このバンドはケヴィンシールズというギター担当が曲を作っているのですが、当時レコード会社の人に「まだ曲は出来ないのか?」と催促され、出来た曲が「soon(まだ)」…という逸話もあります。

プログラマーもよく成果物を催促されて「まだですねぇ…」とバツが悪くなる時もあると思います。状況は違えどなにか通じるものがあるような気がします。

宜しくお願いします


未経験中の素人が飛び込んだ世界。他の人とは違った視点からプログラマーという職業を見ていると思います。

IT土方とか精神がやられるとかネガティブな情報が多い業界ですが、どんな感じなのか、その辺りを書いていければと思います。

スポンサーリンク