30歳目前でプログラマーに転職して意識したこと

28歳未経験でプログラマーに転職した自分は周りと比べて少し特殊だったと思います。周りの未経験者は新卒か20台前半で、同年代ではプロジェクトリーダーをしている人もちらほら。そんな環境のため誰にでも敬語を使ったり、自分の振る舞いはかなり気をつかいました。

今回は自分が実践していた身の振り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

きちんと挨拶をする(コミュニケーションをとる)


販売員から転職したこともありこの業界の人はずいぶんと挨拶をないがしろにしていると感じました。こっちが「おはようございます」と言っても目を合わせずに挨拶が返ってくるのはざらで、ひどい人だと目があっても知らんぷりする人もいました。挨拶は相手(お客様)を見てはっきりとするものだと教えられて(教えて)きたものとしては結構衝撃でした。

とりあえずそういうものだと割り切り挨拶はきちんとしようと決めました。通路ですれ違ったときや通勤途中に会社の前で会った時に積極的に挨拶をしているとコイツは挨拶してくる人だと認識されたのかみんなちゃんと挨拶をしてくれるようになりました。後から聞くとフレンドリーな人と思われていたようでプラスに働いていたようです。

また積極的に色々な人とコミニュケーションをとるように心がけました。知り合いが増えて気軽に話が出来る人が増えると自分が困った時に助けてくれる人が増えていくことになります。しばらくは嫌でも人に聞くことが多いので積極的に色々な人とコミニュケーションをとりたいところです。

調べればわかりそうなことは聞かない


わからないまま作業をするのはよくありませんがみんな忙しい人が多いと思いますのでわからないことはネットで検索するというのが基本です。

例えばリーダーなり同じプロジェクトの人から作業の説明を受けている時に

「DBからこの列を取得するSQLを書いて。ちなみにpostgresqlだからね。」

と言われたとします。ここで未経験者は

DB?

SQLを書くってどこにどうやって?

postgresqlって何?

となりますが、いちいち質問していたらちょっと嫌な顔をされると思います(これくらいは知っておけよというような指示ですし…)

どういう環境やツールを使うかは逆に聞いておかなければいけませんが、SQLなんかは調べればたくさん出てくるのでまずは調べながらやってみてわからないとかこれであっているか不安となったら聞くようにしましょう。

自分も初めはわからないまま作業をするのはよくないと思い、結構なんでも質問をしていた時期がありました。今考えると結構うざったかったのではないかと思います…。初めは逆にどういうことは質問していいかわからない部分もあり、ちょっとした指示も難しいと思いますがまずは自分で調べてやってみるという姿勢が大切です。

勉強をする


周りの未経験者と比べて10年くらいは遅れていると思っていたのでかなり焦りがありました。専門職なので常に勉強をしなければいけないという覚悟を持って転職をしました。通勤時間はjavaやSQLの本を読んだり、資格勉強をして資格を取ったりと勉強をしなければ一人立ちをするのが遅くなります。

ようやく最近になって一人でそれなりにできるようになってきたと思うようになってきましたが、常に勉強不足を感じています。

また周りにもきちんと勉強していることを少しはアピールしておくべきだと思います。もちろん勉強はしないといけないのですが、最初はどうしても仕事に直結するまで時間がかかるため側からは勉強しているのかしていないのかよくわからないと思います。なのでアピールといってもこれみよがしにするのではなく、さりげなく資格取得したことを報告するとか鞄に専門書を忍ばせておくとかそれくらいのアピールです。

要は「未経験で入ってきて周りの力を借りて仕事しているくせに勉強もしてないのかよ」と思われないようにするために勉強はしていると言えるようにしましょう。

最後に


自分が転職して意識していたことを書いてみました。

意外とせまい世界なので転職しても同じ現場で働く機会ももしかしたらあるかもしれません。

思わぬところで再開することもあるかもしれないのでコミニュケーションはなるべくとるようにしましょう。

※余談になりますがすぐ目の前にいるのにわざわざチャットで会話をするのにまだ慣れません…。

スポンサーリンク

プログラム未経験者が初めてソースコードを見て思うこと

研修時代の話。

javaの研修が始まり早速コードを書くことになりました。そこで上記のソースコードを見て思ったことは

 

「なんでこんな無駄に行を使ってるんだ?」

 

でした。

スポンサーリンク

見慣れない括弧とかあるし、そもそもなんでその位置に括弧があるんだろう?数学の式を変な位置で改行をしているような違和感があり凄い見づらいと思いました。

上記コードはめちゃくちゃ見やすいんですが、初めてコードを見たときはそんな感想でした。

 

なので自分としては

こんな感じの書き方なら見やすいと思いました。

 

早速この書き方は見づらくないですか?と研修の先輩に聞いてみました。すると先輩は

「う~んこの書き方でも動くけどこんなコードが書いてあったら俺は怒るね(笑顔)」

と言われました。

どうやら括弧は1つ1つの処理のブロックで分かれているようで、括弧の行を合わせることでブロックの塊を見やすくしているということでした。確かに何千行もあるようなコードを見るときには塊ごとで分かれていないと大変そうです。なるほど、文章を書くのとは違うルールがあるということですね。ちなみにこのことは「インデントを揃える」と言います。

 

今となってはアホみたいな質問をしたと思います(笑)インデントをつけず一列で書いているようなコードがあったら自分も怒ると思いますね…。

 

コードの見易さは大切


コードを見やすくすることはとても大切です。

コードは一度納品するとシステムが動いている限り残り続けます。いずれ改修をすることになったりリプレイス(作り直す事)することになったらコードを見てどういう処理をしているか把握する必要があります。

自分の書いたコードですらしばらく経つと他人のコードのように見えるので見やすいコードはその後の作業効率に大きく影響します。

先ほどのインデントをきちんとつけるという以外にもコーディング規約を守るとか変数名を的確なものにするとか色々ありますが、まずはわかりやすいコードを書こうという意識を持ってソースを書くことが大切だと思います。

自分も綺麗なコードを書く人というように言ってもらえるよう精進します。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

一番初めに覚えるパソコンのショートカットキー

ショートカットキー使っていますか?

コピーペーストをするのはマウスの右クリックでもできますが、ショートカットキーを使うと作業スピードが上がって使いこなせば人より早く仕事ができます。

ショートカットキーはEXCELやeclipseなど使用するソフトによって様々な種類がありますが今回紹介するのは基本中の基本のものです。

まずはこのショートカットキーを覚えてパソコン作業をスムーズに行いましょう。

スポンサーリンク

 

コピー&ペースト


コピー : Ctrl + c

ペースト: Ctrl + v

よく「コピペ」という操作ですね。コピーして貼り付けるという意味です。

まずコピーしたい箇所を選択してCtrlとcを同時に押すとコピーされます。

その後に貼り付けたい箇所でCtrlとvを同時押しで貼り付けられます。ちなみに2回連続でコピーした後に貼り付けた場合、最後にコピーしたものが貼り付けられます。

 

カット


カット:Ctrl + x

次にカットです。「切り取り」ですね。

切り取りたい対象を選択後、Ctrlとxでカットされます。その後Ctrlとvで切り取った対象を貼り付けすることができます。こちらも連続でカットすると最後にカットしたものが対象になります。

 

全選択


全選択:Ctrl+ a

とても作業が素早くできる全選択はCtrlとaで行うことができます。ファイルの文章全てを違うファイルに貼り付けたい時などにかなり威力を発揮します。スクロールしなければ選択できないような場合でもこのショートカットキーで一撃なので操作していて気持ちがいいです。

 

1つ操作を戻す


Ctrl +zで操作を1つ戻すことができます。

このコマンドも操作を間違えてしまった時に便利です。ソフトによっては結構前まで戻すことができるのでやらかしたときはまずは落ち着いてこのコマンドを押してみましょう。

 

なんでペーストはvでカットはxなの?


コピー(copy)がcで全選択がa(ALL?)というのはわかるけどなんでペーストがvでカットがcなの?ペーストならpのほうがわかりやすくない?という疑問です。

これは諸説あるようですがCtrlキーの近くというのが有力なようです。

今回紹介したショートカットも確かにCtrlキーの近くに固まっています。右手でマウスを握っているのを考えると左手ですぐにショートカットキーを押せたほうが作業が捗りそうですね。ちなみにCtrl+pだとプリンタに繋いでいれば印刷が出来ます。

 

ショートカットキーはしばらくパソコンを使わないと忘れてしまいそうですが、よく使うものはCtrlキーの近くにあるというのを覚えておくとすぐに思い出せるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

28歳のプログラマー転職記

IT未経験の販売員がどのようにしてプログラマーとして就職できたのか。今回は自分の転職活動について書きたいと思います。

惑わされてはいけない「未経験可」


当然ですが「未経験可」で募集している会社を探すことになります。

未経験可というとIT未経験でも大丈夫ですよという意味で捉えてしまいますが転職活動をしていると未経験にも2種類あることがわかりました。

①本当に未経験な人

IT系未経験でプログラミングをしたことがないような人。そういう人でも可能な会社の求人にはその旨が書いてあることが多いです。さらに研修制度があれば安心ですね。25歳くらいまでという条件がある会社もちらほらありました。

②プログラマーとしての「仕事」が未経験な人

そしてもうひとつがコレ。IT系の学校は卒業していても仕事はIT系に行かなかった人、もしくは趣味でプログラミングはしているけど仕事としては未経験な人です。

経験上ですが未経験可の場合②の求人の方が若干多い印象です。未経験可の会社に何社か応募しましたが②を募集していると普通に落とされます。年齢が若ければよかったかもしれませんが、転職活動を始めた当時は27歳だったので年齢も高めだったのも悪かったと思います(現に年齢で落とされることもありました)。

その会社が本当の未経験でも大丈夫なのか、見極める必要があると思います。

一度作ってしまえばあとは印刷するだけの職務経歴書


履歴書は手書きかパソコンかで意見が分かれるところですが、IT系に行くのであればパソコン1択です。未経験だけに自分のPCスキルをアピールすることにもなります。きれいにまとめられた履歴書と職務経歴書を提出できれば「こいつ未経験だけどパソコンは普通に使えそうだな」とアピールできます。

自分は結構時間をかけてきっちりした職務経歴書を作りました。経歴を時系列順にExcelの表にまとめ、我ながら綺麗なものが出来たと思います。

また、会社に合わせて志望動機を少し変えるくらいであとは印刷するだけなので何社も受けた身としては効率よく転職活動が出来ました。その辺りは手書き必須の業界よりは楽が出来たと思います。

意外と多い入社試験


全くの未経験者を前向きに採用しようとする会社ほど「入社試験」があるように感じました。試験といっても基本情報技術者試験で出題されるような専門的なものではなく、公務員試験のような問題です。

例えば図形の規則性を読み取って次はどんな図形になるか?とかそんな感じの問題です。

自分は入社後に会社の人事の人に試験結果について聞いてみたのですが、入社してるだけあり合格点だったと教えて貰いました。未経験の場合こういう試験で点数がとれないと厳しいようなので苦手な場合は勉強をしておくといいかもしれません。

転職活動の結果


最終的に10社くらい受けて1社内定を貰いました。しかし研修期間(1~2カ月)は給料がでないと言われその後も正社員として登用するか現時点ではわからないと言われたため辞退しました。また別の会社では1年くらい東京に行って経験を積んでくるならいいよという会社もありましたが家庭があったため辞退しました。

そんなこんなで半年くらい続けた転職活動も終わりが見えなくなり、28歳の誕生日を迎えたころにこれで最後にしようと受けた会社がのちに入社することになる会社でした。実は入社する会社とは別に駄目だった時の保険で一部上場している派遣会社の管理職にも応募していて、こちらも内定を貰っていました。

待遇面の条件もほとんど同じだったので悩みましたが、やはりプログラマーになりたいと思い派遣のほうは辞退してプログラマー人生をスタートさせました。今のところその選択は間違っていなかったと思います。

この後の経験を考えると入社してからのほうが大変でしたが、転職活動中は終わりが見えず人生がかかっているのできつかったです。

最後に


自分が研修制度がある会社に入社し、プログラマーに転職できたのはやる気のアピールだと思います。ホームページを作ったことがあるとか(jimdoを少しレイアウト変えてるだけですが…)教材を買って基本情報の勉強しながらjavaも触っているとか、28歳未経験を採用すれば今後こんな人も採用しているというアピールにもなるんじゃないですか?と言ってみたり(笑)場数を踏むと色々アピールできるようになっていました。

未経験なら基本情報を持っていないと駄目だとか東京なら未経験もいけるのにとか、プログラマーはしんどいから辞めたほうがいいとか色々聞きましたがそれでもなぜかプログラマーになってみたくて諦めずに転職活動をしました。もしかしたら転職できたのは運がよかったのかもしれません。

それなりにパソコンスキルがあってやってみたいと思うのなら一度プログラマーになってみるのもいいと思います。やってみて駄目だったとしても普通の会社では身に着けたパソコンスキルで色々と捗るのではないでしょうか?

未経験でプログラマーになった場合他の人より遅れている分日々勉強が必要になります。自分で勉強した分業務に活かせて評価が上がるのでやりがいはあると思います。

この記事が少しでも誰かの役に立つことが出来たら幸いです。

スポンサーリンク

ブログとプラグラミング用に中古のThinkPad X240を購入しました

普段自宅ではmac book pro(2010モデル)を使用しているのですがプログラミングの勉強用に持ち運びしやすいwindowsPCが欲しかったので購入しました。

結論からいうとThinkPad X240のwindows7proパソコンを25624円で購入しました。

内訳

・本体24300円

・ソフトドーム新品交換 324円

・送料1000円

本日届いたので開封します。

スポンサーリンク

求めるもの


購入にあたり求めるスペックは以下です。

■ThinkPadの12.5インチ

元々ThinkPadに漠然とした憧れがありまして、あの無骨なパソコンをスマートに使いこなしてみたいと昔から思っていました。王様達のヴァイキングというマンガの主人公の是枝君もThinkPad使ってますし。さらに12.5インチくらいが持ち運びに便利そうなのでX200シリーズに絞りました。

そこから調べてみて古すぎず高すぎないモデルということでX240が第一候補になりました。

■HDDは500GBくらいでメモリは4GB

まずやりたいこととしてLinuxの勉強がありました。仕事でwindows7にvirtualboxをいれてそこにcentOSをインストールして使っていたことがありまして、その時のパソコンのスペックが大体これくらいでした。その時と近いスペックならそんなにストレスなく動くだろうというのが理由です。

■3万円以内

上を見てしまうとThinkPad X1 carbonとか買いそうでキリがないので予算を決めました。中古なら妥当なラインだと思います。

中古ThinkPad専門店Be-Stockで購入


Be-Stock

ネットで中古のThinkPadを探しているとやけにこのお店が目に付きます。評判もいいお店のようで他の販売店より5000〜10000円くらい安い気がしました。

2月に入りX240でいい感じのモデルがあったのですぐに注文しました。

こんな感じのスペックで本体価格が24300円。セール対商品だったようです。

総合Bランクでどの程度の物がくるのか、期待と不安でドキドキします。

“ブログとプラグラミング用に中古のThinkPad X240を購入しました” の続きを読む

スポンサーリンク