【新人君物語】第4話 先輩に聞くタイミングって難しい

とある日の朝会。チームみんなで今日の作業確認をします。

先輩さん「ではそういうことで新人君にはこの機能の実装をお願いするよ。多分今日中には終わると思うからよろしくね。」

新人君「わかりました。」

先輩さん「私はこれから2時間ほど会議があるから何かわからないことがあればチームメンバーに聞いてね。一応自分もチャットは見れるから連絡くれてもいいからね。」

朝会が終わり、早速作業に入ります。

新人君「設計書はこのフォルダだな?…あれ?先輩さんが言っていた設計書がないぞ?…いや、似たような名前の設計書がある。これかな?」

チームメンバーに聞いてみようと思いましたがみんな電話をしたり、仕様を話合ったりしていてちょっと忙しそうです。

新人君「まぁこの設計書だろう。早く作業に入らないと先輩さんも帰ってきちゃうし今日中に終わらせなきゃ。」

そういって新人君は作業を始めました。

 

—2時間半後—

 

先輩さん「いやぁごめんごめん、会議が長引いてしまったよ。新人君、進捗はどうだい?」

新人君「はい、いい感じで進んでいます。今日中にも終わりそうです。」

先輩さん「そうかそれはよかったよ。では何かあったら言ってね?」

新人君「わかりました。」

 

—昼休みを挟みさらに2時間後—

 

新人君「うーんここがちょっと上手くいかないなぁ。先輩さんに聞いてみよう。」

先輩さん「どれどれ?…おや?新人君、これは他のチームメンバーが担当する機能だよ?朝こっちを実装してって言わなかったかい?」

そういうと先輩さんは朝新人君に指示をした設計書を開きました。

新人君「あ…。」

先輩さん「この機能は午前中のうちにすでに実装が終わっているんだよ…。どうして聞かなかったんだい…?」

新人君「すみません…。」

 

解説


新人君、やってしまいましたね…。プログラマーというものは案外聞かれないと答えない人が多く、何も言わないということは例え新人でも問題なく作業が進んでいると判断されます。なので不安なことがあったらすぐに聞いたほうがいいでしょう。

新人君は自分の作業担当の設計書がわからず「多分これだろう」という勘で始めてしまいました。結果無駄に時間(工数)を使ってしまったうえ進捗0ということになってしまいました。

作業の始まりは大切です。特に何をするか不安な時は必ず確認しましょう。不安なまま進めて結果違うことをしているほど無駄なことはありません。

一度聞いたあとすぐにまた聞きなおすのは勇気がいることだと思いますが、わからないまま進めるほうが迷惑をかけてしまうことをしっかり覚えておきましょう。


 

定時過ぎ

新人君「先輩さん、なんとか実装終わりました。」

先輩さん「お疲れ様。今日は疲れただろう。」

新人君「はい…。今日はすみませんでした。作業担当が曖昧だった時点で聞くべきでした。」

先輩さん「なんとか今日中に終わったし今回は多めに見るけど、次これで進捗が遅れてしまい、さらに残業が発生して無駄なお金がかかってしまうことになるんだよ?仕事中はお金が発生していることをきちんと意識して次からはきをつけてね?」

新人君「はい、わかりました。」

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です