「忙しい」という言葉は便利だなと思う

最近気になることに「忙しい」という言葉が結構軽く使われているというものがあります。会議とかで状況を報告し合っても「仕事が忙しくて出来ていません」とか「最近忙しくてメールを見れていません」とか「仕事が忙しくて休みたいから土曜はやっぱり行けません」など。仕事が忙しいと言われてしまうとこちらとしては仕方ないねというしかないのでほぼ無敵の言葉だと思いますが、本当に忙しいのかな?と疑問に思うこともあります。

時間を割けないから忙しい?


忙しいという言葉には大きく2通りで使われていると思っていて、まずは本当に寝る暇もないくらい「忙しい」時。もう一つ言い訳のための「忙しい」です。例えば資格取得という目標を立てたとして、どうもやる気が起きない。仕事もそこそこ忙しいからその忙しさを理由に「忙しくて資格は取得できませんでした」という使われ方。そういいながらも休日はゲーム三昧で昼夜逆転みたいな人もいたりして、忙しいって便利な言葉だなと思いました。

振り返ってみると自分もなんとなくで「忙しい」といっている時もあり、人のことは言えないです。ただ、いつも忙しいといっているのは自分にも周りにもよくないなと思い最近は意図的に使わないようにしています。

意識してみてみると「忙しい」とよく言っている人に限って向上心が低い気がします。寝る暇もないくらい忙しい時もあるので一概には言えませんが、言い訳の忙しいは使わないように気を付けようと思います。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。