『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読みました。

Linuxカーネルを読みたいけど何をしていいかわからない…。そう思っていたところにいいタイミングで素晴らしい本が出版されました。

その名も「私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか」です。2019年7月12日に出版されたものでまさにどんぴしゃな本を手に入れることができてうれしいです。

ちなみにKindle版が540円で本が840円でした。

“『私はどのようにしてLinuxカーネルを学んだか』を読みました。” の続きを読む

スポンサーリンク

AtCoderで初提出

タイトルが全てなんですが、AtCoderで初めて提出をしました。

レベルは一番低いものですが、提出した瞬間に採点が始まり、結果が出るのがとても面白くはまってしまいそうです。

プログラミング力を上げるためにもちょくちょく参加したいと思います。

スポンサーリンク

『絵で見てわかるOSストレージネットワーク』を読みました。

本書は、企業の情報システムにおけるOS/ストレージ/ネットワークという重要なITインフラ技術を、タイトルのとおり絵(図)を多用して分かりやすく説明している解説書です。特徴は、データベースにおけるデータのI/O(入出力)、およびハードディスクやメモリの役割/動作に重点を置き、抽象的な技術概念を可視化している点。DB Magazine Sectionシリーズの人気書籍『絵で見てわかるOracleの仕組み』および『門外不出のOracle現場ワザ』の著者による、画期的な絵解き式の解説で、難解なインフラ技術が手に取るように理解できるはずです。実際の業務におけるシステム開発や保守運用にも活かせるノウハウを満載しています。

ということで読んでみました。が、なかなかハードルが高かったです…。

“『絵で見てわかるOSストレージネットワーク』を読みました。” の続きを読む

スポンサーリンク

仕事が遅いプログラマーを観察してみる

私自身、開発経験がまだ4年ほどなのでそこまで凄いわけではないのですが、周りを見てみると10年くらい経験があるのにも関わらず「え?なんでそんなにコーディングに時間かかっているの?」という人がいます。しかも丁寧というわけではなく結構ミスが目立ちます(勝手にリファクタリングしたあげく&と||を間違えてとんでもないことになったり、コミットが漏れてやばいことになったり…)

なぜそんなに時間がかかるわりに品質も悪いのか気になり観察したことがあるのですが、そこから感じた原因を探ってみたいと思います。

“仕事が遅いプログラマーを観察してみる” の続きを読む

スポンサーリンク

新卒女子に「社会の犬ですね」と言われた話

ひょんなことから数人でお昼ご飯を一緒に食べることになり、そこに今年新卒で入社した女子がいました。

部署も違うのであまり喋る機会もないので初めて話をしたのですが、あまり仕事にもやる気がない様子。仕事をしていてもいまいち何をしたらよいかわからない様子。

“新卒女子に「社会の犬ですね」と言われた話” の続きを読む

スポンサーリンク