月: 2018年10月

基本情報技術者試験を6回受験した経験から語る役立ち情報 資格試験

基本情報技術者試験を6回受験した経験から語る役立ち情報

未経験でIT業界へ入った時に基本情報技術者試験に合格するということは一種の憧れがありました。年に2回しか受験できないためとりあえず毎回申し込みをしようと決意し、結局6回目で合格しました。我ながら落ちすぎだろうと恥ずかしいですが、最後の試験では午後のアルゴリズムが満点でJavaも7~8割とれたことを記…
初めてのライトニングトークを終えて プログラマ生活

初めてのライトニングトークを終えて

先日こちらでライトニングトークについて書きましたが実際に発表をしてきました。 発表する前は心臓がばくばくいうほど緊張しましたが、実際に発表してみるとなんとかなるもので終わった後におもしろかったよーと言ってもらえたので、やってよかったなと思いました。 なんでこんなに緊張したかというと実は少し前に会社で…
『闘うプログラマー』を読んで。 読書

『闘うプログラマー』を読んで。

この本はマイクロソフトのWindows NTがどのようにして作られたのか書かれたOS開発物語です。主人公はこのプロジェクトの責任者デビットカトラー。本の表紙にも『ビルゲイツの野望を担った男達』とあります。結論からいうととても面白かったです。開発に携わる人はぜひ読むことをオススメします。 Window…
ライトニングトークをすることになったのでライトニングトークについて調べました IT

ライトニングトークをすることになったのでライトニングトークについて調べました

ライトニングトークという言葉をご存知でしょうか?僕は知らなかったです。 近々ちょっとしたカンファレンスでライトニングトークをすることになったので調べてみました。 要は短いプレゼンテーションのこと 見出しが全てなんですが、5分ほどの短いプレゼンテーションのことで、IT業界のカンファレンスや勉強会などで…
プログラマーのある1日(定時帰りの場合) プログラマ生活

プログラマーのある1日(定時帰りの場合)

プログラマーがどんな一日を送っているのか、自分のある日を例に紹介してみたいと思います。 ※現場やその時の案件によってかなり違います。   9:00始業 始業前には出勤しているので始業時間までにはパソコンが立ち上がっています。まずメールチェックやslack等の連絡チェックをしてからsvn系の…
【札幌】常駐プログラマの単価について プログラマ生活

【札幌】常駐プログラマの単価について

いきなりですが自分の単価は約52万円です。 それに対して年収は約400万円。これが未経験からプログラマに転職し3年半が経過しJavaとPHPで開発をしている自分の評価です。 52万円という単価は今いる会社の社員平均より少し高いようです。これは自分の技術が認められたというよりタイミング的に少しだけよい…
MySQLの名前の由来が「私のSQL」じゃないと知って驚いた話 IT

MySQLの名前の由来が「私のSQL」じゃないと知って驚いた話

MySQLと言えば世界でもっとも有名なオープンソースのRDBMSです。 初めて名前を聞いた時に「私のSQL」という意味で名づけられたと思っていました。自社のガジェットに「i」をつけるAppleに通じるものがありそうなネーミングなのかと思っていたらどうやら違うようです。 本当の由来は開発者であるマイケ…