未経験プログラマー物語【第三章 テスター編④】腱鞘炎対策

テスターとして配属され数カ月。今日もひたすらExcelでテストデータを作る日が続きます。

自宅ーーー

半灰「ただいまー」

妻「おかえりなさい。そろそろご飯よ」

半灰「ありがとう。今日も疲れたわー。気分転換にギターでも弾いて待ってようかな」

そういっておもむろにギターを弾き始める。

半灰「いてっ。あぁテストデータを作りすぎで右手首が痛いなぁ」

妻「大丈夫?病院行ったら?」

半灰「だましだましやっていたけどこりゃあ腱鞘炎になりかけてるかな…。これが職業病ってやつか?なんとかしなきゃなぁ…。」

 

解説


Excelでコピペを繰り返すことによって手首が腱鞘炎になってしまったようですね。

実はこれは対策が出来て、おすすめはマウスパッドを使うことです。ただのマウスパッドではなく、手首のところにクッションがあるタイプが効果的です。マウスパッドがない状態でマウスを握るとどうしても手首を返す角度がついてしまい手首に負担がかかります。しかしクッションがあればマウスに対して手首が平行になり負担を減らすことができます。私も実際腱鞘炎になりかけたことがありますが、クッションつきのマウスパッドを使うことで手首の負担が減り、腱鞘炎が解消しました。1000円くらいで買えるのでおすすめです。


半灰「マウスパッドを使うようになってから手首の調子がよくなったよ!」

妻「よかったわね」

半灰「これでこれからもテストデータを作れそうだよ。(でもそもそもこの作業ってもっと楽にできないのかなぁ…)」

つづく

スポンサーリンク