未経験プログラマー物語【第三章 テスター編⑦最終章】次の現場へ

貝リーダー「半灰くん、開発の案件に移動しようか。開発したいって言っていたし、そろそろ開発もやっておかないとまずいでしょ?」

突然貝リーダーに呼ばれた半灰。開発の現場へ移動を命じられました。ついに開発か。自分に出来るのか不安が半分、ほっとしてような気持ちが半分といった感じです。

貝リーダー「来月一カ月だけ自社に戻って自社内の案件を手伝ってもらって、再来月からJavaで開発してもらうからね。ECサイトってわかる?オンラインサイトの改修になるから。」

半灰「わかりました。ありがとうございます。」

 

解説


ついに開発案件への移動が決まりました。面談があるたびに開発をやりたいと伝えていたのと、28歳になって開発経験がないのはちょっとということで会社側も動いてくれたようです。

常駐系のプログラマが案件を離れる時というのは案外あっさりしているものです。残業をたくさんしても、貢献度が高くても終わる時は一瞬です。「来月からあそこ行ってね」の一言です。それがよいのかどうかは受け取る側次第です。

自分がいなくなって大丈夫かな?と感じていたとしても大丈夫なものです。逆にいなくなると困る人は移動しないので前だけ向いて次に備えたほうが有意義だと思います。

さて次回以降はECサイトの改修ということで開発編に入っていこうと思います。


最終日

特にみんなの前であいさつするとかそういったこともなく、普通に退勤する半灰。一言二言個々で話はしましたがなんともそっけないものです。まぁみんな色々な現場を転々とするのでこういうものなのでしょう。というより会社は同じなので普通に会うこともありますしね。

半灰「来月から頑張ろう。」

つづく

スポンサーリンク