カフェでパソコン作業をしたら自分がへたれだと気がついた話

「スタバでmacを開いてドヤ顔」という言葉を聞いて久しいですね。

こちらの記事によるとどやの人達みんな仕事をしているらしいですね。お疲れ様です…。
ノマドワーカーとかカフェでパソコン作業をしているイメージがありますが、自分もドヤまではいかなくてもカフェでパソコンを開いて作業というのをやってみたい…と思っていました。

それで今日ちょっと街中で時間を潰さなければいけなかったので思い切っていってきました。動機が不純。

※スタバが近くになかったので違う喫茶店にthink padを持っていきました。

スポンサーリンク

 

 

朝だったので朝食代わりのパンとコーヒーを注文しました。

念のため店員さんにパソコンを開いて使っていいか尋ねてみたところ問題ないとの返答を頂きました。しかもコンセントを使うならあそこの席にありますとまで言って頂き感動!店員さんのお墨付きを頂いたので心置きなくドヤできます。

 

パンを食べてスマホをいじること15分。案外店も空いていて迷惑にもならないだろうと思い、意を決してパソコンの電源を点けました。

どやっ

 

なんか混んできた店内


パソコンの電源を点けて店内のwi-fiに接続。思ったより簡単にネットに繋げることができました。

さてwordpressのテーマでもカスタマイズしようかと思っていたらなにやら店内が混んできました。そして周りからの視線が気になり始める…。というより隣のおばちゃんがめちゃくちゃ見てきてとても居心地が悪いぞ。

本来なら1時間くらい時間を潰す予定でしたが、結局入店から30分ほどで店をあとにすることになりました…。

 

ハートの弱さが出てしまいました


結果的に自分のハートの弱さを露呈してしまった結果になってしまいました。周りが気になって全然作業に集中できないし喫茶店でのパソコン作業は自分には向いていないのかもしれません。まぁ勇気を出してパソコンを開いている時点でお察しなのですが…。

そう考えるとスタバでドヤっている人達は凄いなと思います。

スポンサーリンク

わかりそうでわからない、絶妙なプログラマーへの作業指示3選(実体験)

 

プログラマーとして働いているとリーダーや先輩からパソコン操作の指示があると思います。その中で自分が言われて「どういうこと?」と思ったこと3つを上げたいと思います。

※全て実体験です。

 

スポンサーリンク


 

 

「端末開いて?」


「…パソコンならもう開いていますけど?」と思ってはいけません。これはよく映画とかでパソコン上に表示されていることが多いあの黒い画面のことです。

こいつですね。

linuxだと端末と呼びwindowsだとコマンドプロンプトと呼びmacだとターミナルと呼びます。OSによっての呼び名が違うものもあるので注意が必要ですね。(厳密には呼び名以外に構成なども違いますがその辺りは割愛します)

ちなみに端末を開いたあとは「コマンドを打って」という指示が待っています…。

 

「ハードコピーとって?」


一般的にいうところの「スクリーンショットをとって」ということです。web画面のイメージを客先に見せたりするときに「お客さんに見せるからハードコピーをとって」というような使われ方をします。他にも「キャプチャをとる」とか言ったりします(自分はこっち)。この辺りの呼び方は年代によって変わるような気がします。

同じく画面を撮っておくことでも、試験した結果が想定どおりになっているよという証拠としてとって残すことはエビデンス(略してエビ)をとると言ったりします。

 

「エクスプローラーひらいて」


これを言われた時はインターネットエクスプローラーだと思っておりブラウザを開いたら何してるんだと起こられました。

こいつがエクスプローラーです。windowsの話ですね。「エクスプローラー開いて」の後は大体「Cドライブにいって」とか「○○サーバーに繋いで」とか言われるのが多いのではないでしょうか。

ちなみに「インターネットエクスプローラーを開いて」というのは長いので大体「IE(アイイー)開いて」と言われます。

 

とりあえずわからなければ聞きましょう


振り返ってみるとなんて無知な野郎なんだと思います。こんな素人にでも優しく教えてくれるとはいい先輩方と仕事ができていたのかもしれません。すぐに言葉の意味を調べられたらいいのですが、上記の指示が飛ぶ状況というのは多分すぐ横に指示者がいると思うのですぐ聞いたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

第1回 javaって何?

はじめましてsoonと申します。現在は主にjavaを使った仕事をしています。

私はプログラミング未経験のままIT業界に飛び込み、プログラミングを全くしたことがない状態でjavaを学びました。
プログラミング言語を学ぶ時に思ったことが「初学者にやさしくないなぁ」ということでした。
専門用語が頻繁に登場するし手順が説明してあっても省略されていたり、そもそもこの操作ってどういう意味があってやっているんだろうとか疑問が次々と浮かんできます。
そこでそんな自分の経験を活かしてプログラミング初学者にむけjavaの基本を紹介していきたいと思います。
簡単な言葉を使って説明していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

javaって何?


まずはjavaって何?というところからです。試しにwikipediaでjavaのページを見ると…

Java(ジャバ)は、狭義ではプログラミング言語Javaを指す。広義では言語仕様以外にも、仕様が与えられているJavaクラスライブラリやJava仮想マシン、さらにはJDKやJREなどの公式のものをはじめとする、場合によってはサードパーティのものなどを含め曖昧にJavaプラットフォームと総称されるようなものなどのエコシステムなどを指すこともある。構文についてはJavaの文法の記事を参照。
wikipediaより

…よくわかりませんね。「クラスライブラリ」とか「JDK」とか「javaプラットフォーム」みたいに専門用語のオンパレードです。でも安心して下さい。javaというのは最初に書かれているとおり「プログラミング言語」です。難しい言葉に惑わされそうですがjava=プログラミング言語と覚えて問題ないです。じゃあプログラミング言語って何かというと、人間とパソコンが会話するための言葉と思って下さい。世界には日本語、英語、フランス語などたくさんの言葉があります。それと同じように人間とパソコンが会話をするのにも色々な言葉があり、その中のひとつがjavaということです。


この表はオランダのTIOBE Softwareという会社が毎月が行っている話題のプログラミング言語ランキングです。この会社の2018年2月ランキングでは1位になっています。試しに人気のプログラミングランキングで検索してみると大体javaが上位に上がっているのではないでしょうか?プログラミング言語にも流行があり移り変わりが激しいのですが、その中でもjavaは安定して人気のある言語です。

ちなみにjavaがどういうところで使われているかというと、有名なところではAndroidのアプリはjavaです。なのでAndroidアプリを作りたいと思ったらjavaで書くことになります。それ以外でも銀行の大型システムとかwebサイトなど幅広く使われています。

どうやってjavaを勉強すればいいのか?


プログラミング言語の勉強方法については色々と意見がわかれるところだと思います。
ただ自分の考えとしては

・お金をかけない
・途中で挫折をしない
・仕事でもその知識が通用する

この3つを意識していきたいと思います。
この記事ではeclipse(エクリプス)というアプリケーションを使いたいと思います。eclipseとはこ統合開発環境(IDE)というもので、プログラミング開発を便利にしてくれるものです。ざっくりいうとeclipseというソフトの画面にjavaのコードを書くということです。

これがeclipseの画面です。真ん中の枠内に英語が色々書いてありますが、ここがコードを書く場所です。書いたコードをボタンひとつで実行できます便利ですね。大きな流れは例えば

①1+1を計算するコードを書く

②実行ボタンを押す

③eclipseの下の枠内に2と表示される

のような感じです。この辺は別の記事で詳しく説明しますので特に覚えていなくても便利なんだなくらいに思ってくれれば問題ないです。

eclipuseを使うメリットはjavaで開発をしている現場でも現役で使われていることや、無料でパソコンに入れることができる点です。またあとから機能を追加することもできるので知識がついてやりたいことが増えてきたときにも対応できると思います。

それでは


プログラミング言語はとっつきにくいものだと感じることもあると思いますが、簡単な言葉でわかりやすくを意識して記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

 

次回

第2回 javaプログラミングの環境構築をしよう

スポンサーリンク

30歳目前でプログラマーに転職して意識したこと

28歳未経験でプログラマーに転職した自分は周りと比べて少し特殊だったと思います。周りの未経験者は新卒か20台前半で、同年代ではプロジェクトリーダーをしている人もちらほら。そんな環境のため誰にでも敬語を使ったり、自分の振る舞いはかなり気をつかいました。

今回は自分が実践していた身の振り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

きちんと挨拶をする(コミュニケーションをとる)


販売員から転職したこともありこの業界の人はずいぶんと挨拶をないがしろにしていると感じました。こっちが「おはようございます」と言っても目を合わせずに挨拶が返ってくるのはざらで、ひどい人だと目があっても知らんぷりする人もいました。挨拶は相手(お客様)を見てはっきりとするものだと教えられて(教えて)きたものとしては結構衝撃でした。

とりあえずそういうものだと割り切り挨拶はきちんとしようと決めました。通路ですれ違ったときや通勤途中に会社の前で会った時に積極的に挨拶をしているとコイツは挨拶してくる人だと認識されたのかみんなちゃんと挨拶をしてくれるようになりました。後から聞くとフレンドリーな人と思われていたようでプラスに働いていたようです。

また積極的に色々な人とコミニュケーションをとるように心がけました。知り合いが増えて気軽に話が出来る人が増えると自分が困った時に助けてくれる人が増えていくことになります。しばらくは嫌でも人に聞くことが多いので積極的に色々な人とコミニュケーションをとりたいところです。

調べればわかりそうなことは聞かない


わからないまま作業をするのはよくありませんがみんな忙しい人が多いと思いますのでわからないことはネットで検索するというのが基本です。

例えばリーダーなり同じプロジェクトの人から作業の説明を受けている時に

「DBからこの列を取得するSQLを書いて。ちなみにpostgresqlだからね。」

と言われたとします。ここで未経験者は

DB?

SQLを書くってどこにどうやって?

postgresqlって何?

となりますが、いちいち質問していたらちょっと嫌な顔をされると思います(これくらいは知っておけよというような指示ですし…)

どういう環境やツールを使うかは逆に聞いておかなければいけませんが、SQLなんかは調べればたくさん出てくるのでまずは調べながらやってみてわからないとかこれであっているか不安となったら聞くようにしましょう。

自分も初めはわからないまま作業をするのはよくないと思い、結構なんでも質問をしていた時期がありました。今考えると結構うざったかったのではないかと思います…。初めは逆にどういうことは質問していいかわからない部分もあり、ちょっとした指示も難しいと思いますがまずは自分で調べてやってみるという姿勢が大切です。

勉強をする


周りの未経験者と比べて10年くらいは遅れていると思っていたのでかなり焦りがありました。専門職なので常に勉強をしなければいけないという覚悟を持って転職をしました。通勤時間はjavaやSQLの本を読んだり、資格勉強をして資格を取ったりと勉強をしなければ一人立ちをするのが遅くなります。

ようやく最近になって一人でそれなりにできるようになってきたと思うようになってきましたが、常に勉強不足を感じています。

また周りにもきちんと勉強していることを少しはアピールしておくべきだと思います。もちろん勉強はしないといけないのですが、最初はどうしても仕事に直結するまで時間がかかるため側からは勉強しているのかしていないのかよくわからないと思います。なのでアピールといってもこれみよがしにするのではなく、さりげなく資格取得したことを報告するとか鞄に専門書を忍ばせておくとかそれくらいのアピールです。

要は「未経験で入ってきて周りの力を借りて仕事しているくせに勉強もしてないのかよ」と思われないようにするために勉強はしていると言えるようにしましょう。

最後に


自分が転職して意識していたことを書いてみました。

意外とせまい世界なので転職しても同じ現場で働く機会ももしかしたらあるかもしれません。

思わぬところで再開することもあるかもしれないのでコミニュケーションはなるべくとるようにしましょう。

※余談になりますがすぐ目の前にいるのにわざわざチャットで会話をするのにまだ慣れません…。

スポンサーリンク