【新人君物語】第4話 先輩に聞くタイミングって難しい

とある日の朝会。チームみんなで今日の作業確認をします。

先輩さん「ではそういうことで新人君にはこの機能の実装をお願いするよ。多分今日中には終わると思うからよろしくね。」

新人君「わかりました。」

先輩さん「私はこれから2時間ほど会議があるから何かわからないことがあればチームメンバーに聞いてね。一応自分もチャットは見れるから連絡くれてもいいからね。」

朝会が終わり、早速作業に入ります。

新人君「設計書はこのフォルダだな?…あれ?先輩さんが言っていた設計書がないぞ?…いや、似たような名前の設計書がある。これかな?」

チームメンバーに聞いてみようと思いましたがみんな電話をしたり、仕様を話合ったりしていてちょっと忙しそうです。

新人君「まぁこの設計書だろう。早く作業に入らないと先輩さんも帰ってきちゃうし今日中に終わらせなきゃ。」

そういって新人君は作業を始めました。

 

—2時間半後—

 

先輩さん「いやぁごめんごめん、会議が長引いてしまったよ。新人君、進捗はどうだい?」

新人君「はい、いい感じで進んでいます。今日中にも終わりそうです。」

先輩さん「そうかそれはよかったよ。では何かあったら言ってね?」

新人君「わかりました。」

 

—昼休みを挟みさらに2時間後—

 

新人君「うーんここがちょっと上手くいかないなぁ。先輩さんに聞いてみよう。」

先輩さん「どれどれ?…おや?新人君、これは他のチームメンバーが担当する機能だよ?朝こっちを実装してって言わなかったかい?」

そういうと先輩さんは朝新人君に指示をした設計書を開きました。

新人君「あ…。」

先輩さん「この機能は午前中のうちにすでに実装が終わっているんだよ…。どうして聞かなかったんだい…?」

新人君「すみません…。」

 

解説


新人君、やってしまいましたね…。プログラマーというものは案外聞かれないと答えない人が多く、何も言わないということは例え新人でも問題なく作業が進んでいると判断されます。なので不安なことがあったらすぐに聞いたほうがいいでしょう。

新人君は自分の作業担当の設計書がわからず「多分これだろう」という勘で始めてしまいました。結果無駄に時間(工数)を使ってしまったうえ進捗0ということになってしまいました。

作業の始まりは大切です。特に何をするか不安な時は必ず確認しましょう。不安なまま進めて結果違うことをしているほど無駄なことはありません。

一度聞いたあとすぐにまた聞きなおすのは勇気がいることだと思いますが、わからないまま進めるほうが迷惑をかけてしまうことをしっかり覚えておきましょう。


 

定時過ぎ

新人君「先輩さん、なんとか実装終わりました。」

先輩さん「お疲れ様。今日は疲れただろう。」

新人君「はい…。今日はすみませんでした。作業担当が曖昧だった時点で聞くべきでした。」

先輩さん「なんとか今日中に終わったし今回は多めに見るけど、次これで進捗が遅れてしまい、さらに残業が発生して無駄なお金がかかってしまうことになるんだよ?仕事中はお金が発生していることをきちんと意識して次からはきをつけてね?」

新人君「はい、わかりました。」

 

 

 

スポンサーリンク

エバンジェリストという職業を知った

Developers Festa Sapporoに登壇している人を見て「エバンジェリスト」という仕事を知りました。恥ずかしながら初めて聞いた言葉だったのでちょっと調べてみました。

エバンジェリストとは?


エバンジェリストとは「伝道師」という意味で、最近のIT業界のトレンドや新しいテクノロジーをお客さんに紹介する仕事みたいです。そういわれればAzureとかTPUとか所属会社の新しい技術を結構話してくれるんだなと思っていたのですがそういうことをする仕事だったのですね。Developers Festa Sapporoは無料入場だったので、上司からちょっとプレゼンしてきてくれない?と言われて来た人達かと思っていました(すみません…)

やけに引き込まれるし話が面白いのはそういうことなのですね(元々スーパーマンということもあるかと思いますが)

エバンジェリスト気になります


プログラマーは開発か管理か二択みたいな固定概念がありますが、そういう選択肢もあるんですね。元販売士としては気になる職業です。

もし自分がエバンジェリストになるとしたら何を布教するの?という話ですが、自分はトレンドの技術とか最新の動向より子持ちで未経験のくせに28歳からこの業界に飛び込んだという話をしたほうが自分ならではだと思っています。

元々教えるのも好きなのでIT業界に入りたいという人達の手助けになるような講演が出来るような気がしています。

今後のIT業界


短いプレゼンのことをライトニングトークといったり色々新しい言葉で定義するのが好きな業界だなぁとつくづく思います。

今は何かするにでもIT技術というのは必要になってくるのでエバンジェリストだけでなく色々な職業が今後も出てくるのではないでしょうか?

ただ根底にあるのはやはり技術力なので、日々勉強を頑張ります。

ちなみにエバンジェリストといえばマイクロソフトの西脇さんという方が有名らしいです。今度本を読んでみようと思います。

スポンサーリンク

『プログラミング言語図鑑』を読んで

技術本を読んでいるとたまに知らない言語の話が出てくることがあります。例えば「そういう時は○○言語を使ってコーディングするべきなのだ」みたいに。

そういった時に「この言語ってなんだ?」となるわけですが、そうではなく「あぁそんな言語あったな」みたいに全く知らないという状況を少しでもなくしたいと思い読みました。2017年発売なのでまだ比較的新しい本になります。

プログラミング言語はたくさんある


当然ですが、プログラミング言語がたくさんあることを再認識されました。本ではその言語が何年に誰が開発されたかも掲載されているので言語の歴史もわかります。その他に言語の年表や系譜なども載っており、ここまでまとまっている本もなかなかないのではないでしょうか?

また図鑑というわりには結構さっくり読めます。

難解言語


JavaとかPHPとかC#とか一般的な言語だけでなく難解言語と呼ばれるのがあるようです。本の中にサンプルプログラムが載っているので確かに…といった感じ。中でも衝撃を受けたのが最後に載っていた『Whitespace』という言語。なんと空白スペースとタブと改行のみで書くというちょっと信じられない言語。見た目は真っ白なのに実行すると動くのでデータ隠蔽技術として扱われることがあると書いてありますが本当にこんな言語があるのかと調べてみたらありました(笑)

一冊持っておくとなんか安心


プログラミング言語も新しいものが次々と出てくるので5年もすると古い内容になるのかもしれませんが、この言語ってなんだ?と思った時にすぐ調べることが出来るので少し気が楽になります。

各言語を読み込むというよりはさらっと流しておいて、逆引きのような使い方がよいのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

Developers Festa Sapporo 2018に参加して

Developers Festa Sapporo2018に参加しました。

今年で5回目のイベントということでしたが私は今回が初参加です。そもそもこういった講演自体が初めての参加でなのでどんな話が聞けるのか楽しみでした。しかもマイクロソフト、google、IBM、オラクルといった大企業の人達の講義なので前日からわくわくしていました。

会場はAホールとBホール2つの会場があり、同時刻に行われる講演を予約選択した上で参加になります。自分が聞いた講演は以下になります。

◆ A-1 [ 10:00 – 11:00 ]
Java最新動向とこれからの活用 – JDK11リリースとContainer Native Java
伊藤 敬(日本オラクル株式会社)

◆ A-2 [ 11:10 – 12:10 ]
コンテナ技術を使うためのガイダンス
吉田 雄哉(日本マイクロソフト株式会社)

◆ A-3 [ 13:10 – 14:10 ]
今後の時代において価値あるエンジニアとして成長して行くために
寺田 佳央(マイクロソフト・コーポレーション)

◆ A-4 [ 14:20 – 15:20 ]
自分を棚卸ししてレジュメにまとめてみよう
増井 雄一郎

◆ A-5 [ 15:30 – 16:30 ]
Googleが開発したニューラルネット専用LSI 「Tensor Processing Unit」
佐藤 一憲(グーグル合同会社)

◆ A-6 [ 16:40 – 17:40 ]
セキュリティ・ペネトレーション攻撃に見る集団的知性と品質ノウハウの獲得
細川 宣啓(日本アイ・ビー・エム株式会社)

 

それぞれの簡単な内容と感想を書いていきます。

“Developers Festa Sapporo 2018に参加して” の続きを読む

スポンサーリンク

Hi-STANDARDのドキュメンタリー映画『SOUNDS LIKE SHIT』を観た

Hi-STANDARD(以下ハイスタ)の映画を観てきました。

普段映画はあまり観ないのですが、ハイスタの映画を観て本当に良かったです。私は大満足でした。ちなみに観客はピザTを着た人がたくさんいました。

ハイスタと歩んだ青春


今年32歳になりますが自分がハイスタを知ったのは高校生くらいの頃。ハイスタはすでに活動を休止していました。ギターを始めて色々音楽を聴き始めた時に出会い、自然とハイスタのコピーをするようになりはまっていきました。当時のギターヒーローはすっかり横山健となり同じタイプのギターを買いました。ライブに行くことができない状態でしたのでハイスタのDVDを買って観たり、中古でロッキンオンジャパンを手に入れてインタビューを読んだり、横山健のムック本を読んで知識をつけていきました。ken bandとかULTRA BRAINはリアルタイムで追っていました。

札幌に出てきてもハイスタみたいなバンドをやっていて、練習のためにハイスタ全曲コピーするぞ!と言って必死に弾いていました。そんな10代後半~20代を過ごしていました。

映画の内容はかなり赤裸々


そんなわけで休止後のハイスタについてはリアルタイムで追っていたのでどうなっていったのかは大体は把握していました。なのでドキュメンタリー映画と言われても「復習くらいの内容なのかな?」と思ってあまりチェックしていなかったのですが、「ハイスタの映画はどうやらかなりぶっちゃけているらしい」という記事を観て「なら観るか」となったわけです。

ファンであれば気になるところで「なんで休止したの?」「難波はなんで沖縄行ったの?」「BBQ CHICKENSはなんで結成されたの?」「活動再開の舞台裏は?」といったことが本人達の口から話されています。当時はぐちゃぐちゃしていたところも時間が経って振り返った時に「あの時はああだった」と言っているので言葉に重みがありました(ちなみにその辺の理由はぜひ映画館で)。

AIR JAM2000のシーンで泣いた


自分の中でのハイライトはやはりAIR JAM2000のシーンでした。そういう心境でライブをしていたのか…。という驚き。その気持ちを思うと自然とこみあげるものがありました(嫁にばれないように必死)。

自分達の理想、すれ違い、バンドって難しいですね…。

 

これからもハイスタを応援します


ということでよりハイスタが好きになりました。

映画の中ではライブシーンも盛り沢山で、ライブを観終ったような疲労感がありました。映画館のスクリーンでハイスタのライブを観るというのもある意味贅沢ですね。

実は再結成後のツアーにも行けなかったのでまだ生で観たことはないです。またツアーで来てくれたらぜひライブに行きたいです。

 

 

スポンサーリンク