iMac2019の画面が表示されなくなったのでAppleに修理に出して無事に戻ってきた話

それは2019年12月15日に起きました。

iMacのiTunesで音楽を聴きながらthinkpadで作業をしていた時の事。曲は札幌出身の大先輩バンド『イースタンユース』の踵鳴るでした。気分よく作業していたのですがぶつぶつと声が途切れます。しまいには壊れたテープレコーダーのようになってしまったのでとりあえず曲を停止。念のため再起動しようとしましたがiTunesが終了出来ずに再起動不可能。仕方がないので強制的に再起動をさせることにしました。無事に再起動が始まりリンゴマークが出ました。そしてしばらくした時に「ぶつっ」という音と共に自宅のブレーカーが落ちてしまいました…。再起動中だったのでやばいかなと思ったのですが、案の定電源を付け直しても画面が表示されませんでした。まぁ前に使っていたMac Book Proもたまにあったからリカバリーモードで直るだろうと思っていたのですが甘かったです…。

どうやらご臨終のようです


ということで電源やらUSBを全て抜き、10分くらい待ってから電源をつけるという作業を何度かしても症状は直らず。SMCモードで起動、セーフモードで起動、リカバリーモードで起動(※要はこの辺)しても画面がつく気配がありません。というより電源がついているかも謎。今年買ったばかりなのにもう壊してしまったという悲しみの中Appleのセンターに電話しました…。

Appleの対応が素晴らしかった


Appleのホームページから電話応対を選ぶとすぐに電話がかかってきました。パソコンの症状とこうなった理由、試したことを話すとすぐに事態を把握してくれました。

「リカバリーモードをしてもダメなのであればハードディスクがいっちゃった可能性がありますね…念のため一緒にもう一度やってみましょうか?」ということで色々試してみるもダメ。結局修理しか方法がないようです。

とりあえず修理に持ち込むか郵送修理か選ぶことになりましたが、この時点では持ち込もうと思っていたので一度電話を切ることに。「履歴を残しておくから何かあればまた電話くださいね」という案内があり、電話は終了しました。

さて、ここでもう一度考えてみると修理に持ち込むにはどうしても仕事を遅刻なり早退しなければもっていけそうにありません。このでかいパソコンを持ってまた店頭で色々やって結局修理になるのもちょっと面倒だなと思い始め、結局郵送修理をすることにしました。そこで再びAppleと電話をして引き取りにきてもらうことになりました。15日は日曜日だったのですが、一番最短で水曜日になるらしく、一番遅い時間である18時~21時を選び電話は終了。修理代金についてはApple Careには入っていないのですが購入から1年以内のため無償になる可能性もあるし、最大で5万円かかるかもしれないと言われました。まぁお金かかっても仕方ないかという思いです。それにしてもAppleの電話口の人達は対応も素早く素晴らしかったと思います。

郵送から修理完了までの時系列


12月15日(日)

・iMacが故障しAppleへ電話。水曜日に引き取りにきてくれるそう。

12月18日(水)

・20時頃に宅配業者が引き取りに。パソコン本体のみを渡すと梱包して持っていってくれました。若干下駄箱にパソコンをぶつけたのが不安をあおりました。

12月21日(土)

・朝9時頃に修理拠点へ到着したというメールが入る。そこから修理をするということなので何日くらいかかるのかと思ったらなんと夕方には修理が完了し送り返したとのメールが!この時点で修理代金もかからなかったことになり(お金がかかる場合は修理するかの判断をする)Appleに感謝しました。

12月23日(月)※本日

・ということで本日無事に到着しました。電源をつけてみるとちゃんと画面が表示され、起動してくれました。修理内容を見ると画面が表示されないためロジックボードを交換したとありました。また、OSが再インストール中だったためその辺もやっといたぜとのこと。ありがとうApple!

こんな感じで送られてきました。

こんな感じで修理内容が入っています。Appleのクリアファイルも地味に嬉しい。

無事に起動!ただし中身は空でした。

再度設定をし直す


ということで無事に戻ってきました。Appleの対応もよく、電話から一週間ほどで戻ってきてよかったです。

これからまた色々と設定をし直す作業になりますが、気長にやりたいと思います。

 

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。