iMac2019を10カ月使った感想

iMac2019が届いたので開封しました。

去年の4月にiMac2019を購入し、10カ月ほど経ちましたので改めて感想を書きたいと思います。iMacの前はMac Book Proを使っていたので主にそちらとの比較になります。

最新のパソコンを使うということ


以前使っていたMac Bookは10年弱使っていたので最新のMacになると何をするでもさくさく動いてくれてとても快適です。画面も大きく綺麗なので買い替えてよかったと思います。一応現時点でも最新のiMacなのでAppleが発表する機能は使えるというのはとてもいいです。前のパソコンは古すぎて最新のサービスに対応していなかったことも多々ありましたので…。

デスクトップということ


併用でthink padがあるため、Macは持ち運びしないだろうと思いデスクトップにしたのですが、最近になりやはりノートの方が良かったかなと思っています。

まず最近はiOSアプリ開発のため勉強をしているのですが、iMacだとパソコンが置いてある場所でなければ作業ができません。私は自分の部屋にパソコンを置いているのですが、子供を寝かせるために寝室に行ったり、実家に帰ったり、外出先でちょっとXcodeをいじるということができません。画面が大きいことはいいことなのですが、自室でなければ作業ができないのはちょっとしたストレスになってきてしまっています。

iMac2019の画面が表示されなくなったのでAppleに修理に出して無事に戻ってきた話

また、先月起こったことですが再起動しているタイミングでブレーカーが落ちてしまい、電源が入らなくなってしまったことで修理に出しています。これに関しては完全に自分が悪いのですが、ノートパソコンであればこうならなかったなーと思わないでもありません。曲も少し消えてしまったので残念です。

さらにMac Book Proには標準でついていたトラックパッドですが、iMacにしてみて結構使っていたことがわかりました。最初の時はちょっとしたときにトラックパッドが使えなくて不便を感じることがありました。今は慣れたため別途購入は考えていませんがその辺もマイナスポイントです。

それでも


上記不満点は購入前からわかっていたことですが、自分がそれほど重要視しなくてもよいと思っていた部分です。しかし実際にはちょっとしたストレスになっているのでノートパソコンのほうが良かったかもしれません。

ただ、見た目はかっこいいし、動画を見るときには素晴らしいのでプラスマイナス0というところでしょうか。

何年かはこいつと付き合うことになるので、これからもっといいところを探していければと思います。

スポンサーリンク