IT業界にいるけど紙の手帳が便利

IT業界で働いて5年ほどになりますが、2年目くらいから紙の手帳を使ってスケジュールを管理しています。今年の手帳も本屋で30分くらいかけて画像のものに決めました。こうやって選んでいるのも楽しいですね。

私の仕事形態として客先に常駐しているので、客先によってはスマホの持ち込みが禁止だったり、パソコンで自分のアカウントで何かサービスにログインするということができません。ということは同期が取れずgoogleカレンダーなどのサービスは使えません。

ということで私の場合は紙の手帳を使っているんですがなかなか使い勝手がいいです。

私は子供が4人いて、それぞれ中学校・小学校・保育園と通っています。中学生の子はバレー部、小学生の子は野球少年団に入っており、嫁も働いているので家族の行事を把握するのに手帳は便利です。さらに私自身も仕事の会議とか打ち合わせとかボクシングとか勉強会とかバンドとか色々と予定があるので決まり次第書き込んでいます。これがないと予定を入れようにも何か用事があるかどうかわからないため確認の必要がありますが都度手帳に予定を書いておけば手帳を開くだけで即答できます。これでストレスなく予定を組めるので便利です。

手帳をを選ぶ時のポイントはまず見開きで1カ月分見れること、そして普通のノートとして使えるページがそれなりにあることです。一か月分見れるのは私の予定的に細かい内容よりもこの日にこれがあるということが分かる方が大切なため必須になります。ノートのページは会議や打ち合わせなどでメモを取るときに使います。基本的に一年間使うのでノートのページも多い方が好ましいです。ただしページが多いと手帳自体が重くなるので兼ね合いを見て決めます。

また手帳を持つメリットとして、他人から見て仕事が出来そうな印象を与えると思います。「突然この日出勤できる?」とか聞かれた時に天井を見上げながら「多分大丈夫だと思います」というのと手帳をさっと取り出して「この日なら大丈夫ですね」というのでは相手に与える印象が違います。客先常駐している場合は相手に信頼してもらうことが大切で、それが仕事内容にも影響してきますので一役買っているのではと思っています。

もしスケジュール管理に困っているのであればネット上のサービスだけではなく手帳はいかがでしょうか?

スポンサーリンク