【プログラマー】新人が周りに聞く人がいない環境はすぐに辞めたほうがいいと思う

新卒や未経験でIT業界に入り、プログラマーになった場合わからないことだらけだと思います。画面ひとつ作るにもHTML,CSS,JavaScriptの知識が必要だったり、言語やフレームワークを知っていないと書き方がわからなかったり…。知らないことを調べたらまた知らないことが出てきてドツボにはまるというのはあるあるだと思います(私もそうでした)。

そんな時に周りに聞ける人がいるかどうかはとても大切です。正直初心者の質問というものは周りの先輩に聞けばすぐに解決することが多いです。なぜなら仕事を振る方も初心者ということは知っていて仕事を振る(はず)なので、そもそも手に負えないような仕事を振っても結局サポートの負担が大きくなり進捗が上がらないからです。なので調べてみてもわからないことで30分も一時間も悩むようであればすぐに聞きましょう。そういうことを繰り返すことで徐々にわかってきて成長していくはずです。経験上、案件に入ってすぐの頃がわからないことだらけで辛いのでわかってきたなと思うまで頑張ってみたらよいと思います。

逆に考えると…


ここからが本題なのですが、新人や未経験でプログラマーになった人が周りに誰も聞くことが出来ないような環境に入るのはとてもまずいです。客先常駐するにしても同じ会社の人と一緒であるとかプロジェクトリーダーにすぐ聞ける状況でないと精神がやられてくると思います。

私がそうなのですが、知識が不足していて進捗が上がらずに時間だけが過ぎていくと「どうしてこの仕事を選んでしまったんだろう」「自分には向いていない」といったように考えてしまいどんどん自己嫌悪に陥っていきます。おそらく簡単であろう仕事も一人で出来ないというのはかなり辛いです。新人に足りないのは経験だと思いますので、1年くらい我慢して『経験年数』を得ることが出来たらすぐに転職したほうがいいと思います。未経験と1年くらいの経験年数があるとでは天と地の差があります。また、1年くらいしていると自分がどの辺りに興味があるかうっすら見えてくると思います。プログラマーといっても色々な種類があり、それにより向き不向きがあるのでまずは興味をもった方向にシフトするのをお勧めします。

一人で悩まずに周りを上手く使いましょう。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です