ホライゾンゼロドーンをクリアしたのでストーリーを簡単に解説※ネタバレあり

動物の形をした機械が動き周り、弓矢などを使い狩猟生活をしている部族がいる世界。人々は大自然の中で原始時代のような生活をしているにも関わらず機械が動き回っているというアンバランスさ。物語を進めていくうちに高度な文明の名残が次々と現れるので、昔は高度に発達した世界だったことが予想される。

人々は掟を重んじており、部族間で争いをしている。そんな中「異端者」として主人公のアーロイは部族の中で虐げられながらも親代わりのロストに育てられる。物語の序盤で部族が襲われることをきっかけにアーロイは旅立つことになる。

このゲームはそんな世界の謎と自分(アーロイ)は何者なのかを探しに行く物語です。

 

ゲームをクリアしてみて結構複雑なストーリーだったのでわかりやすく説明したいと思います。細かい部分は実際にゲームをしてみてください。

 

 

※以下ネタバレ有

 

この世界はなんだったのか


舞台となっている世界は人類が滅んでから1000年後の世界です。なぜ人類が滅んだかというと『機械の暴走』です。

 

テッド・ファロ

よくホログラムで出てきていたテッド・ファロという人物が原因です。この人が作った機械(スワームという機械)が暴走してしまったのが人類滅亡の原因です。

機械は地球のエネルギーを使用しているため、暴走を止めるには生命が滅ばない限り止まることはありません。自動複製の機能でどんどん増える機械に対し手がつけられなくなってしまってからエリザベド・ソベックに助けを求めます。その後もガイアを作るためにエリザベト・ソベックから招集された、プロジェクト:ゼロ・ドーンの核となる人たち(アルファ)を窒息死させたり、アポロ※を消滅させたりテッド自身も色々と暴走します。

※アポロについては後術します。

 

エリザベド・ソベック

アーロイに似ているということで度々登場するこの人がエリザベド・ソベックです。天才科学者でテッドが起こしてしまった機械の暴走を止めようとします。もはやこの人が止められなければ人類に未来はないというポジションです。

エリザベドが出した結論が「プロジェクト・ゼロドーン」です。

このプロジェクトは実は世間への説明と実態が違います。世間への説明では「機械を一掃するための兵器開発」とされていました。人類は兵器開発が終わることを希望に機械と戦います。

しかし実際のプロジェクトは「生命が滅亡した後に生命を再構築し文明を元の水準まで戻す」計画でした。暴走している機械はもう止めることは出来ないという結論になり、地球の生命が滅んだあとに再構築するためにAI『ガイア』を開発します。

 

つまりアーロイがいる世界は人類が滅亡した後にガイアにより再構築された世界ということになります。動物に模した機械獣たちは地球の生命を再構築するためのお手伝いのために存在しています。

 

 

ハデスって何?


ガイアは再構築のための『核』として周りにさまざまな下位機能を持っています。それぞれファイストス、エーテル、ポセイドン、デメテル、アルテミス、エレウシス、ミネルバ、アポロ、ハデスと名前がつけられ、地球再生の役割があります。

 

エリザベドは現在の知識を継承すしたほうがよいと考えたため知識の源として『アポロ』を作りました。それにより再構築後の人類に知識を継承し現在の水準まで生活レベルがあがることを期待しました。しかしアポロはテッドにより消滅させられてしまいます。テッドの考えでは再構築はゼロから始めたほうがいいと考えたためです。なのでアーロイの世界の人達の文明はあまり発展していないのですね。

また『ハデス』は地球が再構築するうえで不都合な環境にあった場合、破壊することで地球上の環境をまっさらな状態に戻し再生しやすくする機能です。このハデスが『外部信号』により暴走して自我を持ち、ガイアを乗っ取ろうとしました。この外部信号がなんなのかはわかっておりません(次回作への伏線?)。ガイアは乗っ取りを防ぐために自爆を選びます。

ちなみにハデスにより汚染された機械獣が『禍ツ機』です。

 

アーロイの正体


アーロイはエリザベドの遺伝子情報を継承しているクローンです。エリザベドは開発者のためガイアを再起動することが可能で、マスターオーバーライドによりハデス破壊することができます。アーロイはエリザベドのクローンのため同じことができる能力を持っていました。

ハデスを破壊できるのは自分だけということを知り、世界を救うためにハデスの暴走を止めることを決意します。

 

 

クリアしてみて


クリアまでにかかった時間は35時間でした。思ったよりプレイしていました。

最初は普通の難易度で遊んでいたのですが、途中から一番簡単なモードで進めていました。この難易度だと弓で叩きながら突っ込んでも全然死にません。

本来であれば機械を倒すために戦略を練ってトライアンドエラーを試しながら倒した時の達成感を味わうのが楽しみ方なんでしょうが、私はそういうことが上手く出来ないのでストーリーを楽しむことを優先して難易度を下げました。おそらく難易度が上がるとクリアまでもっと時間がかかると思います。

 

最後のサイレンスなど色々謎が残りますが、次回作も発表されていますのでそちらで回収するのだと思います。

このゲーム自体すごく安くなっているので気になった方はやってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

soon
  • soon
  • 1986年生まれのjavaプログラマー。28歳の時に7年働いた販売士からプログラマーに転職をする。常駐先を転々としながら日々生きています。