未経験プログラマー物語【第一章 転職活動編③】初めての内定?

いくつか面接を続けているうちになんとなく面接慣れしてきて好感触が増えてきた。その辺は販売士として長年続けているだけありお喋りは得意なようだ。ただし条件面で折り合わないことが増えてきた。その中で多いのが「凍京に行けるならね」というもの。今は「佐津幌もし凍京に行くとなると学校に通っている上の子供が転校することになってしまうし、下の子はまだ産まれたばかり。そうなると凍京へ行くのは難しい…。やはりIT系の中心は凍京らしい。

「やっぱり厳しいのかなぁ…。」

そう思っていた時に1社内定が出た。佐津幌にいるままで研修を1ヶ月してくれるらしい。ただ、その研修期間は無給しかも研修後は契約社員として働いてもらい、もしよさそうだったら正社員にしてくれるというもの。給料的にはそれなりだ。

「ということでどう思う?」

元は妻の嫁子に相談してみました。

「どうって言っても結構厳しくない…?まぁどうしてもというなら応援するけど。」

やはり嫁子もあまり乗り気ではありません。元としてはようやく巡ってきたチャンス。なんとか内定を受けたいという気持ちも強いようです。

解説


未経験中途でプログラマーに転職しようとすると研修がある会社が多いようです。研修といってもいきなり大きくふたつパターンがあり、現場で働きながら仕事を叩き込まれるパターン(俗にいうOJT)と、自社の中で座学をするパターンがあります。

今回のケースでは座学のパターンでしたが、無給とはなかなか厳しいですね…。共働きとはいえ家族を養わなければいけない立場だとかなり思い切った決断をしなければなりません。


「考えたけどやっぱこの会社は辞めておくよ。冷静になってみると家族いるのに無給っていうのはやっぱきついよね…。」

元は内定を辞退することにしました。自分のわがままで転職をするので家族にまで迷惑をかけるわけにはいきません。

「それがいいよ思うよ。研修中は無給っていうのもその会社どうかと思うし…。」

嫁子の助言も確かだ。先方に断りを入れ、また会社を探すことにしました。

 

つづく

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です