2019年だけどwindows7をwindows10に無償アップグレードできた話

約1年前にこちらで書いたように現在のサブPCのOSはwindows7です。

ただこのOSも2020年1月14日でサポートが切れてしまいます。2016年まではwindows10への無償アップグレードがあったのですがもう終わってしまっています。

さてどうしたものかと調べていたらアップグレードができましたので紹介します。

手順


こちらのマイクロソフトのホームページからアップグレードするだけ。簡単でした。

左下にある「ツールを今すぐダウンロード」ボタンを押して進んでいくとできました。

こんな感じにアップグレードされています。

 

なんで出来たのか?


さて、無償アップグレードはすでに終わっているはずなのになぜwindows10にすることが出来たのか。どうやらこのパソコンが中古というところにポイントがあるようです。

実は無償期間中にwindows10にアップグレードしていたパソコンはその後にダウングレードしても再度無償でアップグレードし直すことができるようです。

今回はおそらく以前の持ち主がwindows10にしていてその人か中古ショップの人かわかりませんがwindows7へダウングレードしたんだと思います。それを購入したためwindows10に無償でアップグレードできたようです。

今後について


ということでせっかくwindows10にできたので今年は少しパソコンを改造していこうかなと思います。具体的にはSSD化をしてメモリを8GBにして(x240は8GBが限界…)キーボードを新しく取り替えたいと思っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です