Microsoft OfficeでOffice365とかPersonalとかあってよくわからない人向けに簡単にまとめました

最近Office365というのをよく見るようになったと思います。仕事ではExcel2016とか使っているけどよくわからないという人向けに最近のOfficeについて出来るだけ簡単にまとめました。

※執筆時の情報のため今後更新されることがありますのでご注意ください。

Microsoft Office全製品の比較

 

家庭向け


家庭向けには大きく3つ種類があります。

■Office 365 solo

こちらは1年毎(12744円)に更新するタイプです。365日更新だから365とついているのですね。支払いは一括でも月分割でもいいようで月分割の場合は1274円かかります。余裕があれば年払いのほうが2カ月分お得ですね。

特徴としては常に最新のバージョンが使えるということです。なので昔のように2016などの「年」が製品名についていないのですね。あとAccessも付いています。

使用可能なデバイスもPC以外でタブレットやスマホなど複数デバイスとなっております。

skypeがついていたり1TBのOneDriveオンラインストレージついていたりと家庭向けの全部入れサービスのようなイメージでしょうか。

■Office Home & Business 2019

こちらは買い切りの製品になります。名前に2019とついていることからわかるように例えば今後Office 2021とか出てもアップデートはできないです。

そしてwindows PCもしくはMacの2台までインストールできます。

■Office Personal 2019

こちらは買い切りの製品になります。Office Home & Business 2019との違いはPowerPointがついていないことと、windows PC(2台まで)にしかインストールできないところです。PowerPointを使いたいのであればOffice Home & Business 2019ということになります。

 

一般法人向け


次に法人向けです。法人向けは一般法人向けがあり、さrない大企業向けオプションというものがあります。こちらはどの製品も1ユーザーあたりの年間契約になること、クラウドや法人向けメールが追加されていることが特徴です。

製品とオプションで様々なプランがあるので、こちらに関しては会社と相談しつつマイクロソフトのホームページを確認するのがよいと思います。

番外編 Office入りのパソコンを買う


まって、そもそもパソコン買ったらExcelとか入っているでしょ?って人が多いと思います。はい、その通りです。

上記の説明はあくまでパソコンはあるけどOfficeが入っていない人向けになります。(例えば中古で安いパソコンを買ったなど)

Office入りのパソコンはそのパソコンだけで使うという制約で初めからインストールされています(パソコン本体にその分の料金がのっている)。なので後からインストールするのが面倒であれば初めからインストールされているパソコンを買うのが手っ取り早いです。中古でもお店によっては追加料金でOfficeを入れてくれるので確認してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です