Think Pad X240のメモリを4GBから8GBに交換しました

去年中古で購入したThink Pad X240ですが、今年3月にキーボードを交換しました。これでキーボードが大分押しやすくなって快適なのですが、メモリが4GBでデフォルトのままなので結構重いことがあります。

ということでメモリを交換しました。

x240のメモリについて


x240に標準でついているメモリは4GBが1枚です。そもそもx240はメモリが1枚しか挿入できないので増やすとなるとこのメモリを差し替えることになります。

ちなみに搭載できるメモリの型番が最大8GBとなるため、4GBのメモリを8GBに差し替えるとメモリのスペックはマックスになることになります。とりあえず調べるとヒットするTranscend PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB(低電圧)を購入することにしました。

早速交換


早速交換します。

バッテリーを外し、

裏蓋を取ります。ちょっと前に開けたばかりだったのですんなりと外すことができました。

メモリの外し方ですが、メモリ横にある二つのバーを矢印の方向に引っ張ると簡単に外れます。

メモリの挿入も簡単で、まずは向きに気を付けてメモリを差し込みます。

後はメモリを倒すように押し込むだけです。挿入時は横のバーを触らなくても簡単に差し込むことができるようです。

パソコンを起動して確認してみるときちんと8GBになっていました。

メモリ交換はとても簡単でした


交換時間は10分もかかっていないと思います。それくらい裏蓋さえ開いてしまえばとても簡単に作業ができました。

交換後にこのブログを書いていますが、ちょっと動きがスムーズになった気がします(笑)

来週、外部でプログラミングをするのにスペックアップができてよかったです。

 

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です