Think Pad x240 内蔵バッテリー無効化のやり方

Think Pad x240を使っていますが中身を分解して色々やるときに内蔵バッテリーの無効化し、基盤へ電流が流れないようにしなければなりません。具体的にはBIOSで設定をいじるのですが、これをしなければなんとパソコンが壊れてしまうそうです。内蔵バッテリーを外さなくても、裏蓋を外すときは事前におこなっておいたほうが良いかもしれません。

手順


まず電源アダプタを外します

再起動中にF1を押して(連打して)BIOSに入ります

次にConfigへ進み(ひとつ右のタブ)Config内のPowerを選びます

Powerの一番下にDisable Built-in Batteryがあるのでそれ選びます

YESを選びます

これで設定は完了です。電源ボタンを押しても電源が入らなくなっていれば大丈夫です。

作業が終わったら電源アダプタをつけると、設定が元に戻ります。

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です