一番初めに覚えるパソコンのショートカットキー

ショートカットキー使っていますか?

コピーペーストをするのはマウスの右クリックでもできますが、ショートカットキーを使うと作業スピードが上がって使いこなせば人より早く仕事ができます。

ショートカットキーはEXCELやeclipseなど使用するソフトによって様々な種類がありますが今回紹介するのは基本中の基本のものです。

まずはこのショートカットキーを覚えてパソコン作業をスムーズに行いましょう。

スポンサーリンク

 

コピー&ペースト


コピー : Ctrl + c

ペースト: Ctrl + v

よく「コピペ」という操作ですね。コピーして貼り付けるという意味です。

まずコピーしたい箇所を選択してCtrlとcを同時に押すとコピーされます。

その後に貼り付けたい箇所でCtrlとvを同時押しで貼り付けられます。ちなみに2回連続でコピーした後に貼り付けた場合、最後にコピーしたものが貼り付けられます。

 

カット


カット:Ctrl + x

次にカットです。「切り取り」ですね。

切り取りたい対象を選択後、Ctrlとxでカットされます。その後Ctrlとvで切り取った対象を貼り付けすることができます。こちらも連続でカットすると最後にカットしたものが対象になります。

 

全選択


全選択:Ctrl+ a

とても作業が素早くできる全選択はCtrlとaで行うことができます。ファイルの文章全てを違うファイルに貼り付けたい時などにかなり威力を発揮します。スクロールしなければ選択できないような場合でもこのショートカットキーで一撃なので操作していて気持ちがいいです。

 

1つ操作を戻す


Ctrl +zで操作を1つ戻すことができます。

このコマンドも操作を間違えてしまった時に便利です。ソフトによっては結構前まで戻すことができるのでやらかしたときはまずは落ち着いてこのコマンドを押してみましょう。

 

なんでペーストはvでカットはxなの?


コピー(copy)がcで全選択がa(ALL?)というのはわかるけどなんでペーストがvでカットがcなの?ペーストならpのほうがわかりやすくない?という疑問です。

これは諸説あるようですがCtrlキーの近くというのが有力なようです。

今回紹介したショートカットも確かにCtrlキーの近くに固まっています。右手でマウスを握っているのを考えると左手ですぐにショートカットキーを押せたほうが作業が捗りそうですね。ちなみにCtrl+pだとプリンタに繋いでいれば印刷が出来ます。

 

ショートカットキーはしばらくパソコンを使わないと忘れてしまいそうですが、よく使うものはCtrlキーの近くにあるというのを覚えておくとすぐに思い出せるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です