営業の持ってくる常駐先を待っていると

現在の常駐先は会社にいる「営業さん」が決めます。我々エンジニアの代わりに客先と調整をしてくれて会社にとって最適なところへアサインしてくれます。

今の会社に入社したのは色々な常駐先を抱えていたので現場を転々として経験を積みたいなと考えていました。現在の常駐先ももう3年目なのでそろそろ違う常駐先に行きたいと言っており、待っている状態です。そこでふと思いました。

「なんで自分は次の常駐先を待っているんだ?」

営業と一緒に常駐先をまわればいいじゃないかと。いやむしろひとりで行ってもいいくらいでした。営業さんはとても良くしてくれているので不満はないのですが、自分の職場を自分で選べないのがどうもしっくりきませんでした。そういう考えになるのは、もしかしたら僕が元々販売員だったからかもしれません。

少し考えてみると、自分で常駐先を営業するのはフリーランスエンジニアじゃないかと気づきました。そうか、色々な常駐先へ自分の意志で行きたいのであればフリーランスなのか。

そうなるとフリーランス(個人事業主)がどういうものなのか調べる必要が出てきます。そもそも税金をどれくらい納めるのかもわかりません。早速仕事帰りにその辺が書いてある本を立ち読みしてみました。

個人がいいのか、法人化したほうがいいのか、それとも転職がいいのか…。

ちょうど私も出入りしている勉強会にフリーランスの人も多いので、今度会ったら聞いてみようかなと思います。

スポンサーリンク