最近の小学校卒業式は自分の時と結構違った話

卒業シーズンですね。

私の子供も今年小学校卒業なので卒業式に出席したのですが、自分が卒業した時(約20年前)と結構違っていて驚いたので紹介したいと思います。

そもそも子供達が私服じゃない


自分の頃はちょっといい私服みたいな服装だったのですが、今の子供達は私服は着ないようです。女の子は半分くらいが振袖で髪型も化粧もばっちり。振袖じゃない子もアイドルが着ているような制服を着ていたりして私服の子はいませんでした。男の子も子供用のスーツか袴を着ていてなんか成人式みたいでした。

 

卒業証書を貰う時に抱負を言う


これはうちの学校だけかもしれないのですが、卒業証書をもらった後にこちら側を向いて将来の夢とか中学校に入学してからの抱負を宣言していました。

「お父さんお母さん今までありがとう。これからは○○を頑張るよ。」がテンプレでした。

 

統計通り昔より片親も多い?


これも時代なのかもしれないですが昔よりシングルマザーも多い気がしました。これは先ほどの抱負を言う時の最初に「お父さん」が出てこなかったことでわかってしまいました。全体の1/3くらいの印象なので昨今の離婚率とも合っているかと思います。

 

英語を頑張るって言っていた子が多かった


抱負を聞いてて思ったのですが小学校から英語教育が始まったからか「英語を頑張る」とか「英語の仕事に就きたい」と言っていた子がちらほらいました。これからは英語が出来ると何かといいですよね。

ちなみにプログラマーになりたいといっていた子はいませんでした…。あれ?最近の子供の将来の夢で1位だったような…。

 

終わりに


そもそも20年って結構昔のことなので変わるのも当たり前でしょうか。

子供の数が減り、1人にかけるお金が増えたせいか結構豪華な衣装を着ていたこもいました。

これから子供が減っていくと一体どうなるのでしょうか今から少し不安です。

とりあえず卒業おめでとうございます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です