パソコンをやり過ぎると目が悪くなるって本当?

プログラマーになって始めに思ったことは「眼鏡かけている人多いな」というものでした。体感では10人いたら7人くらいは眼鏡をかけている気がします。

自分は眼鏡をかけていない人なのでパソコン作業が多いプログラマーは目が悪くなりやすいのかとても気になるところです。そこでパソコンと視力の関係を調べてみました。

ちなみにもし眼鏡をかけるとしたらジョンレノンのような円眼鏡に憧れます…。

そもそも目が悪くなる原因とは?


人はどうすれば目が悪くなるのでしょう?

結論から言うと「同じ距離でものを見続ける」と目が悪くなりやすいようです。同じ距離で見続けると目のピントを合わせる筋肉が弱まってしまい、結果視力が悪くなってしまうということです。確かに車でスマホをいじった後に外の景色を見ると一瞬ピントが合わずに上手く見えないことがありますね。

また液晶の光というのも目の周りの筋肉を緊張させるためよろしくないようです。

 

パソコン作業は目が悪くなりやすい


目が悪くなる仕組みを調べてみると、光る液晶を長時間見続けるプログラマーはやはり目が悪くなりやすいですね。

視力低下を防ぐには「長時間画面をじっと見ていない」ことが大切になるので適度な休憩とたまには遠くを見るといいと思います。

短いですがこの辺で。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です